ローコード

ますます求められる DX 推進。ノーコード・ローコード開発やアジャイル開発が手助けになる理由。

多くの企業がDX を推進しているなか、DX が単なるペーパーレス化にとどまり、現場の進化が止まってしまう事例も多くあるといいます。本記事では DX を推進するにあたり考えるべきこと、そして、DX に推進力を与えると言われるローコード開発とアジャイル開発の特徴をお伝えします。

DX を推進するには、今の業務プロセスを見直すことから。

昨年、突如として世界を襲った新型コロナウイルス感染症は、私たちの生活に甚大な影響を与え、予測できない環境の変化を改めて実感させられました。ビジネスの世界においても IT を活用したビジネスモデルの見直しや、早急なデジタル化がこれまで以上に求められています。そんな中、このコロナ禍において DX 実現によって業績を伸ばしている企業も存在します。
一方で、DX を謳ってRPAツールを導入してみたものの、ペーパーレス以外では何も変わらなかったり、逆にコスト増や、現場の混乱、管理の煩雑さなど、かえって悪影響を招いてしまった例もメディアで紹介されています。DX 実現への第一歩は、現在行っている業務のプロセスを見直し、明確にすること。それができて初めて、適切なデジタル化を行うことができ、業務の効率化や自動化が図れるのです。
では、どうしたらスムーズかつ的確に DX を推進することができるのでしょうか。それは、現状の業務プロセスを理解している人自身が、DX を進めていくということです。しかし、誰もが高度な IT のスキルを持っているわけではありません。そこで力を発揮するのが、昨今注目を集めているローコード開発です。
ローコード開発ツールは、初心者でも直感的に操作ができ、導入ハードルが低いのが特長です。しかし、適切なツールを選択しないと、制限が多くて実現できることが限られてしまったり、機能を充実させたりカスタマイズしようとすると、かえって高度な技術が求められたり追加費用が発生したりすることもあります。

ローコード開発で素早く、アジャイル開発で小さく始めて大きく育てる。

Claris FileMaker は、ローコード開発ツールとして、一般的な開発言語による開発経験がなくても、直感的な操作でカスタム App を開発することができるため、世界中の多くの企業で導入が進んでいます。ドラッグ & ドロップでカレンダーやグラフなどの充実した機能を実装できるなど、ノーコードで作成可能な部分もあります。コードを書く際は、英語ではなく、日本語で用意されているスクリプトを組み合わせていくことでコーディングすることができます。
さらに、Claris FileMaker の大きな特徴は、プロの開発者にも選ばれる開発ツールである、という点です。ローコードで高速開発が可能となり、開発期間を大幅に短縮できるほか、外部のシステムやサービスとの API 連携や、アドオンの追加、JavaScript の活用、IoT 連携や 機械学習 (CoreML) など、高度な機能が標準で利用できるため、「限界のないローコード」として開発のプロフェッショナルからも支持されているのです。

もう 1 つの特徴が、アジャイル開発が容易、という点です。Claris FileMaker では、おおよそ必要な要件をまとめた段階で開発を進めていき、その都度改良や修正を加えていくことが簡単にできます。開発と運用を繰り返し、PDCA を回しながらプロジェクトを進めていくことが可能なため、スピーディーな進行が期待できます。また、 開発者が、実際にシステムを利用するエンドユーザの声を聞き、アプリ操作画面を動かしながら確認することによって、導入時に違和感なくマニュアル作成も不要なアプリ導入を進めることができます。業務に直結したユーザインタフェース(画面)は自社内のメンバーが設計し、自動処理やセキュリティ権限設定など高度な知識や処理が必要な部分はプロの開発者に委託したり、トレーニングやコンサルティングを受けながら開発を進めたりすることができるプラットフォームであることも特徴の一つです。

さらに、プロのエンジニアや、プログラミングに精通していなくても開発できる環境が整っているので、現場の状況を知る方が、自らの課題を解決するために、自立的にシステム開発を進めることが可能です。例えば、日本航空株式会社 (JAL) では運航本部のパイロットが自ら、訓練審査アプリを開発しています。また、信州ハム株式会社では生産管理システムなど基幹業務システムを内製化して数億円のコスト削減に成功しています。ユナイテッド航空・ナイキ・P&G・Gap・Estee Lauder・HSBC・イーライリリー・ファイザー・ラルフローレン・オックスフォード大学といった、世界のあらゆる業種で幅広く使われているプラットフォームでもあります。

一般に販売されているシステムでは対応できない特殊な業界や業務であっても、現場の担当者が、まずはできるところから小さく始めて、大きく育てていくことで、かゆいところに手が届くシステムを作っていくことができるのです。

マルチプラットフォームでの開発環境とアプリのハイブリッド利用

多くの FileMaker ユーザがローコード開発ツールを選択するうえで iPhone や iPad との親和性を比較して FileMaker を選択しています。開発環境は Windows と mac OS どちらも利用でき、運用環境は AWS を利用した FileMaker Cloud、プライベートクラウド、オンプレミスから選択することができます。クライアント環境は、Windows、macOS はもちろん、Web ブラウザからのアクセスも可能です。App Store からダウンロードできる FileMaker Go を利用すれば、オフラインのモバイル環境であってもアプリを利用できるため、日本郵船では 鉄板に囲まれ Wi-Fi 環境も利用できない船内で iPad を使って機器チェックを行っているほか、原子力燃料サイクル事業を展開する日本原燃でも、iPad 上の FileMaker Go をオンラインとオフラインのハイブリッド環境で活用して DX 推進を加速しています。
さらに、FileMaker プラットフォームを提供しているのが、Apple Inc. の 100% 子会社である米国 Claris International Inc. であるということからも、セキュリティ対策や最新の iOS への対応、継続的な新技術の採用などの点で高く評価されています。

Claris Engage で DX 推進のヒントを。

このように、プログラミング言語での開発になじみのない方や、現場の状況に合わせて独自の DX を進めたい方にとって、ローコード開発ツール Claris FileMaker は強力な味方になります。Claris プラットフォームを活用して、医療機関向け教育向け建設業向けアパレル向け地方自治体向けスポーツイベント向け など様々なアプリケーションをパッケージ製品化して販売・サービス提供している企業も多くあります。 そんな Claris FileMaker について学び、情報収集できるイベントが来月開催されます。

Claris が主催する年次カンファレンス「Claris Engage Japan 2021」が、 2021 年 11 月 10 日からオンラインで開催されます。このイベントでは、DX がよくわからずお困りの方、ビジネス課題の解決方法をお探しの方、ローコード開発で変化を起こしたいとお考えの方に、”現場”からの改善、変革、イノベーションを可能にするためのノウハウやスキル、ともに DX 実現を目指すパートナーとの出会いの場をご提供します。11 月 10 日からの 3 日間、複数のチャンネルでスケジュールに沿って動画を配信、好きなセッションをいくつでもご視聴いただけます。ローコードをテーマにしたビジネスセッション、Claris プラットフォームの可能性を知るためのセッション、お客様事例セッション、Claris FileMaker について学びを深めるテクニカルセッションなど、40 以上の多彩なセッションをお届けします。

Claris Engage Japan 2021 - 現場主導の DX ~ローコード開発で今日から始めよう~

イベント詳細、事前登録(無料)は Claris Engage Japan 2021 公式サイトをご覧ください。 Claris Engage Japan 2021

※この記事は 2020/10/26 に公開した記事を再編集したものです。