ローコード開発

現場主導であらゆる課題を素早く解決。
小さく生んで大きく育てるアジャイル開発で、変化への対応を。

Claris プラットフォームはビジネスを成功に導くローコード開発プラットフォームです

Claris が目指す
ローコードとは

ローコード開発では長いプログラミングのコードを書くことなく、視覚的な手法、例えば直感的なポイント&クリック、またはドラッグ&ドロップなどの操作を中心にカスタム App を構築できます。

Claris が提供するローコード開発プラットフォームなら、プログラミングの経験を問わず素早くカスタム App を作成し、変化する社会情勢に合わせてビジネス課題を継続的に解決できます。ローコード開発は、誰もが学べて、無限のレベルの機能性や複雑性を構築できる基盤となるものです。

エンドユーザの満足度を最優先し、価値のあるアプリケーションを早く継続的に提供できます。

  • カスタム App を素早く作成
  • 手作業のタスクを自動化
  • ビジネスプロセスを変革
  • 他の App と簡単に統合

ローコードを選ぶ理由

  • 開発スピードが上がり、運用開始までの時間が短縮されます。現場の運用や優先順位変更に迅速かつ柔軟に対応でき、生産性が向上します。IDC Japan が 2020 年に実施した日本国内のユーザ動向調査では、ローコード開発プラットフォームの主な導入理由トップ3として「開発スピードの向上」「アプリケーション品質の向上」「開発の内製化」があげられています。
    出典: 2020年 国内DevOps/開発者 ユーザー動向調査(IDC# JPJ45146720)

  • ガートナーによると、米国主要企業の半数以上がコアデジタル戦略の一環としてローコードアプリケーションプラットフォームを採用する予定だといいます。

ローコード開発ができる人材

スプレッドシートとプレゼンテーションスライドを作成できる基本的な IT 操作に慣れた人なら、ローコード開発ツールでカスタム App を操作しカスタム App を構築できます。Claris FileMaker を使えば、プログラミング言語の経験に関係なく、現場の課題を理解している人が簡単にカスタム App を構築し課題解決できるようになります。

ローコード VS ノーコード

「ローコード」と「ノーコード」という言葉は一緒にされることが多いですが、実際には 2 つの異なる概念を示しています。

ノーコード

コーディングの経験がない人のために特別に開発されたツールです。主に小規模なアプリケーションが多く、最初からテンプレートや使える機能が決まっているため、それ以上の機能拡張やカスタマイズに制限があります。現場の運用に合わせてツールをカスタマイズするよりも、ツールの機能に合わせて現場のプロセスを変えることで運用できます。クラウド環境のみに対応し、ブラウザ上で利用するツールが一般的です。

VS

ローコード

あらゆるレベルの人のためのプラットフォームです。ゼロからプログラミング開発をするよりも、高速開発ができるようあらかじめ機能が準備されているため、開発にかける時間を圧倒的に短縮できます。また画面設計を中心に容易にアプリケーション構築が可能です。APIにも対応し、外部のシステムとの連携も可能で、拡張性の高さが特徴です。経験豊富な開発者はローコードで基本的な機能を素早く設定し、その後でより複雑な部分を JavaScript などの言語で追加することもできます。

ローコード開発により、素早く簡単に
カスタム App を作成して
固有のビジネス課題を解決できます。

Claris FileMaker の 45 日間の無料評価版を試す

ローコード開発の利点

時間短縮

素早くカスタム App を作成し、すぐに運用を開始することで現場の課題をいち早く解決できます。
また、API を活用すれば他システム連携を迅速に実現できます。

コスト削減

ローコード開発プラットフォーム上で様々な機能を拡張することで複数の開発プロジェクトへの重複投資を削減できます。継続的な投資が行われているプラットフォームを導入することで、大企業のみが利用していた新技術や高いセキュリティを中小規模の組織でも低コストで利用することができます。

優先順位の変更への対応

変化の激しい時代において、競合製品などの市場状況に応じたビジネスの優先順位変更に柔軟に対応できる能力があります。 アプリの完成がゴールではなく、意義のあることを成し遂げようとする意思を優先できます。

アジャイル開発の実現(コミュニケーションの向上)

仕様書では伝わらないことも、現場で開発者とユーザが一緒に取り組むことで要件への理解が深まるだけでなく、コミュニケーションが向上します。顧客や仲間とアプリ開発を通して直接向き合うことで、高いモチベーションを保ちながら開発を続けていける環境が整います。

ローコード開発プラットフォームを使用して作成できるカスタム App の種類

ローコード開発では
小さく始めて大きく育てることができます。

紙のプロセスの
デジタル化

コンテンツ
管理

目録
管理

注文と
請求書の発行

プロジェクト
管理

ワークフロー
最適化

タスクの
自動化

イベント
管理

ローコード開発プラットフォームの特長

視覚的なモデリング

ローコード開発と伝統的なシステム開発の違いは視覚的なモデリングです。ローコード開発プラットフォームを使用したカスタム App の構築は、プログラミング言語を利用したコーディングよりも、フローチャートの作成に近いものです。ローコード開発ではドラッグ&ドロップやポイント&クリックのような操作が中心となるので、誰もが簡単かつ直感的に操作できます。

速やかな展開

クラウドやオンプレミスのネットワークを通して、遠隔地や分散拠点にいる従業員にカスタム App を素早く簡単に展開できます。素早くアプリケーションを完成させて、それを全員がより早く活用できるようにしましょう。

標準化ルール

Claris のローコード開発プラットフォームは、macOS、Windows OS、iOS/iPadOS、Web ブラウザなどマルチプラットフォームに対応しています。さらに、外部連携や API 連携など標準化ルールを作成できるので、新しいカスタム App を作成するたびに一から作り直す必要はありません。これにより、ユニバーサル仕様に合わせてカスタムコーディングをしなくて良くなり、将来的なアプリケーションの修正が容易になります。

アプリケーション管理

Claris が提供するプラットフォームなら、共通のプラットフォームを通じてさまざまな組織やチームで連携できます。セキュリティ権限設定により、組織全体の透明性が向上し、開発中と運用後の両方でアプリケーションをより適切に管理できるようになります。

ローコードとは何か、なぜローコードが重要か、ローコード活用法について学びましょう。

電子書籍『ローコード開発入門』をダウンロードして、ローコード開発の活用方法をご覧いただき、固有のビジネス課題を解決してください。この電子書籍では、次のことをご紹介します:

  • 迫り来る “2025 年の崖”   
  • ローコードが中小企業に最適な理由
  • さまざまな業界で活用されているローコード開発プラットフォーム

『ローコード開発入門』をダウンロード

私は利用規約を読み、理解し、同意しました。また、Claris が私の情報をどのように使用するかについても理解しています。プライバシーポリシー。E メールの下部にある「メール配信停止」リンクをクリックすることで、お客様はいつでも E メールの配信を停止することができます。