特集

校務をもっと正確に、簡単に。業務改善システムで生徒と向き合う時間を生み出す。

学校独自の特徴に合わせてカスマイズできる「スクールマスターZeus」

iPad でも操作でき、多忙な先生の事務効率アップを支援する

学校一筋。

教育の質向上に役立つシステムを開発する。

2003 年から今日まで「学校一筋」を謳い、学校の事務作業を支援する校務システムを開発しているウェルダンシステム株式会社。

システム化によって先生の業務負荷を軽減することで教育の質が高まると考え、学校現場の業務改善と向き合っている。

なぜ、システム化が教育の質に関係しているのか。その答えは、先生の日々の業務内容に着目すると見えてくる。

先生は毎日の授業に加えて、生徒 1 人ずつの通知表、要録、調査書の作成、進路指導などの大量の業務を日々行っている。

しかも、一つひとつが生徒の将来に関わる大切な情報になるため、間違うことは許されない。だからこそ時間がかかっても丁寧に、そう考えて校務と向き合う先生がたくさんいる。

しかし、向き合うべきことは校務なのだろうか。

生徒一人ひとりの気持ちや状況と向き合うことが、本来求められる役目なのではないだろうか。そう感じながらも解決策に悩む先生たちに手を差し伸べることができたのが、スクールマスターZeusである。

これまでの、すべて手書き+複数人で確認といったアナログ作業を、システムで効率化することで生徒と丁寧に向き合う時間を創出できるようにした。

さらに、学校ごとに異なる校務に合わせて、柔軟にカスタマイズし、現場の先生が本当に使いやすいシステムとなっている。

その結果、独自の教育方針や歴史がある私立小中高校の校務システム導入が相次いでいる状態だ。