特集

ますます求められる DX 推進。ノーコード・ローコード開発やアジャイル開発が手助けになる理由。

これからのビジネスに欠かせない要素である DX (デジタルトランスフォーメーション)。 DX を推進していくにあたって、まず考えないといけないことや、ノーコード・ローコード開発やアジャイル開発の特徴をお伝えします。

 DX を推進するためには、今の業務プロセスを見直すことから。

昨今のコロナ禍でますます予測ができなくなってきた現在。ビジネスの世界においても変化に対応するべく、 IT を活用したビジネスモデルの見直しや、デジタル化によっての変革である DX (デジタルトランスフォーメーション)が叫ばれています。多くの企業が推進に動き出しており、実際にこのコロナ禍でも DX 実現によって業績が好調な企業も存在します。

しかし、やみくもに DX を謳ってツールを導入するだけでは、小手先だけの変化になってしまい、なんの解決にもなりません。それどころか、フローの増加や、現場の混乱、管理の煩雑さなど、かえって悪影響を招く可能性もあります。DX 実現への第一歩は、現在行っている業務のプロセスを見直し、明確にすること。それができて初めて、適切なデジタル化を行うことができ、業務の効率化が図れます。この一連の流れが、本来の DX なのです。

では、どうしたら最もスムーズかつ的確に DX を推進することができるのでしょうか。それは、現状の業務プロセスを理解している人自身が、DX を進めていくということです。しかし、誰もが高度な IT のスキルを持っているわけではありません。そこで最適なプラットフォームが Claris FileMaker です。

ノーコード・ローコード開発で誰にでも。アジャイル開発でスピーディに。

FileMaker は、一般的な開発プラットフォームと異なり、初心者でも直感的に操作ができるのが特長です。ノーコード・ローコード開発ツールであり、高度な開発スキルがなくても、自社に合わせたカスタム App を開発することができます。ドラッグ & ドロップでカレンダーやグラフなどの充実した機能を実装できるほか、英語でコードを書くのではなく、実現したいことを日本語で書いていくことができます。一般に販売されているシステムでは対応できない特殊な業界や業務であっても、ご自身でカスタマイズして作成できるので、かゆいところに手が届くシステムを作ることができます。

プロのエンジニアや、プログラミングに精通していなくとも、開発できる環境が整っているので、現場の状況を知る方が、自らの課題を解決するために、自立的にシステム開発を進めることが可能なのです。例えば、日本航空株式会社(JAL) では運航本部のパイロットが、訓練審査アプリをJALのパイロット自らが開発していたり、信州ハム株式会社では生産管理システムなど基幹業務システムを内製化して数億円のコスト削減に成功しています。また同時に、複雑なコーディングや、IoT との連携や CoreML 機械学習など、より高度なシステムの構築も可能で、プロの開発者にも認められ、ユナイテッド航空・ナイキ・P&G・Gap・Estee Lauder・HSBC・イーライリリー・ファイザー・ラルフローレン・オックスフォード大学など、世界のあらゆる業種で幅広く使われているプラットフォームでもあります。

もう 1 つの特徴が、アジャイル開発。おおよそ必要な要件をまとめた段階で開発を進めていき、その都度改良や修正を加えていくことができます。実際に開発や運用して PDCA を回しながらプロジェクトを進めていくことが可能なため、スピーディーな進行が期待できます。また、 IT リテラシーにばらつきがある人々が関わる大きなプロジェクトにおいても、実際にシステムを利用する現場の声を聞きながら動作確認し、スムーズに進めることができます。

Claris Engage で DX 推進のヒントを。

このように、プログラミング言語での開発になじみのない方や、現場の状況に合わせて独自の DX を進めたい方にとって、ノーコード・ローコード開発ツール Claris FileMaker は強力な味方になります。また、Claris プラットフォームを活用して、医療機関向け教育向け建設業向けアパレル向け地方自治体向けスポーツイベント向け など様々なアプリケーションをパッケージ製品化して販売・サービス提供している企業も多くあり、本格的なプロフェッショナルエンジニア向け開発にも対応しています。 そんな FileMaker について学び、情報収集できるイベントが来月開催されます。

FileMaker を提供する Claris 主催の「Claris Engage Japan 2020」が、 2020 年 11 月 11 日からオンラインで開催されます。このイベントは、 DX を推進し、ワークプレイスにイノベーションをもたらすヒントや、成功事例、FileMaker の最新技術を解説する約 50 のセッションが配信される日本最大の Claris カンファレンスです。 DX の担当になったものの何から始めていいかわからない方や、プログラミングを勉強中の IT 担当者の方など、ぜひ参加して、DX のイメージを膨らませてみてください。こんなこともできちゃうの!?と驚かれるような機能や事例も数多くご紹介します。

Claris Engage Japan 2020

日時
2020/11/11(水)〜11/13(金)スケジュール配信
2020/11/16(月)〜12/15(火)オンデマンド配信
テーマ:~デジタルトランスフォーメーション~ 2025 年の崖を飛び越える
概要:Claris Engage には DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、ワークプレイスにイノベーションをもたらすヒントやベストプラクティス、テクニックが集結します。Claris が主催する日本最大のカンファレンスです。

*FileMaker カンファレンス(通称 FMC)は、Claris Engage に名称変更いたしました。詳細は、Claris Engage Japan 2020 特設サイト よりご確認ください。