特集

楽しくつくれることが、最大の魅力。開発未経験からのエンジニア転職で、ものづくりを仕事に。

株式会社イエスウィ キャン システムクリエーター 菊池美沙さん

ご本人も思いもよらなかったというエンジニアへの転職

「もっともっと FileMaker の可能性を引き出せるエンジニアに成長していきたい」と語る菊池さん

今回お話をうかがった菊池さんは、もともと開発未経験。転職を考えたとき、いま在籍している株式会社イエス ウィ キャンに、営業として応募しましたが、面接で、エンジニアとしての資質を見込まれ、エンジニアへ転身。そのきっかけや、開発業務の魅力について語っていただきました。

未経験から、エンジニアへ。思いもよらなかったキャリアチェンジ。

以前は、ホテルで働いていました。今の仕事とは、業界も職種も異なります。

実は、当社の選考を受けるまで、自分がエンジニアになるなんて思ってもみませんでした。

それまでは、営業職へのキャリアチェンジをめざして、転職活動をしていました。営業職であれば、前職で培ったコミュニケーションスキルを活かしつつ、ものづくりの仕事に関わり、自分の仕事の成果が目に見える形になるのではないか。そんな思いで、当社の選考にも営業職として応募していました。

しかし、面接の際、「システムクリエーターの方が向いてるんじゃないか。」と代表の有城から予想外の一言が。

正直、とてもびっくりしました。

全くの未経験である私にできるんだろうか、と不安も感じました。それでも、やってみようと決断できたのは、社長の人格的な魅力があったからだと思います。

本気で社員一人ひとりのことを大切に考えていることが、短い面接の中でも伝わってきました。

この人についていきたい、そう感じ、当社への入社を決断しました。

FileMaker の可能性を最大限に引き出せるエンジニアをめざして。

「自分が思い描いたものが、こんなに簡単に形になるんだ。」

当社は、Claris パートナー(FileMaker Business Allianceパートナー)企業で、FileMaker をベースにしたシステム開発をおこなっています。

FileMaker に初めて触った時、その使いやすさに感動しました。

FileMaker は日本語でスクリプトまで組み立てられるので、自分が普段手動でやっている操作をそのまま言葉にすればシステムができあがります。やりたいことを直感的に実現できる楽しさがなによりも FileMaker の魅力だと思いました。

今まで持っていた開発に対する「難しい」というイメージが払拭され、不安感から期待感へと一変しました。

使えば使うほど奥深くなっていくという面も FileMaker の魅力の 1 つです。何か課題を解決しようとするとき、FileMaker にはいくつもの解決策が存在します。

たとえば、システムがサクサク動くかどうかを考えた時、パフォーマンスに留意したつくり方と、開発の簡単さを重視したつくり方では全く異なります。

要件に対し、適切な手法を選び、実装できるかどうかはエンジニアの手腕次第。自分ではベストなものができたと思っても、先輩が以前につくったものを見て「その手があったか!」と気づかされることも多々あります。

先輩の中には、10 年以上 FileMaker エンジニアとして活躍されている方もいらっしゃいます。入社して 3 年目の私はまだまだこれから。身近に目標となる存在がいて、学べることがたくさん揃った環境は、モチベーションに繋がっています。

最近は、外部システムとの連携について勉強しています。単体でも様々なことができる FileMaker ですが、外部システムと連携するだけで、できることが何倍にも広がっていきます。

これからもどんどん知識や経験を増やし、もっともっと FileMaker の可能性を引き出せるエンジニアに成長していきたいです。


*写真のみを記事告知目的以外で転用することはご遠慮ください。

お問い合わせ先