特集

はじめに

私が FileMaker, Inc. の CEO の地位を引き受けた時、一会社としてだけではなくコミュニティとして目の前に大きなチャンスがあることは分かっていました。当社がワークフローやプロセスの自動化として定義するデジタルトランスフォーメーションは仕事の性質を変化させつつあります。この新しいテクノロジーの時代に「問題解決者」の力になることに関して私たちは大きな貢献ができると信じていました。 問題解決者とは日常の仕事の問題解決に自ら取り組む人たちです。

私が 2013 年に米国のセールス担当バイスプレジデントとして FileMaker, Inc. に入社した当時は、シングルユーザ向けのパッケージ製品からサブスクリプションモデルに移行している過渡期でした。モバイル分野で大きな投資が行われ、クラウドにおける事業拡大の方法を模索していました。  

当社が目指していたのは、有能な開発者の想像力を制限したり開発者が作る洗練されたアプリケーションの質を落とすことなく、テクノロジーをさらに使いやすくアクセスしやすいものにすることでした。 

その頃から、世界の考え方が当社のビジョンに近づいてきました。企業内や業界内では、表面化している問題を解決する強力なソフトウェアを開発できる能力がより重視されるようになったのです。経済は働き方を改革するテクノロジーを活用できた企業によって支配されていくようになります。その一方で、Web、モバイル、および業務アプリケーションの開発者の供給はその需要に追い付いていません。 

これは、スキルを持つ人材とテクノロジーに対するニーズのギャップを埋めることができなければ多くの企業で最新の状態を維持するのが難しくなることを意味します。ワークプレイス・イノベーション・プラットフォームのアイディアは、日常的な課題の解決に取り組む人たちを支援することで、まさにこのような問題に対処するために生まれました。 

問題解決者が自身のアプリケーションをクラウドサービスと簡単に接続することさえできれば、全世界のクラウドサービスが、もっと洗練されたソリューションを彼らに届けることができるようになります。私たちは、自分たちがそうしたソフトウェア開発の要所にいることに気づきました。

このような背景のもと、当社は“ワークプレイス・イノベーション・プラットフォーム”という新しいカテゴリを作り出しただけでなく、Claris として未来を形作っていきます。こうした会社の指揮を執ることを大変嬉しく思います。

次に、Claris の未来についてご説明させてください。

 

FileMaker は Claris に

Claris への社名変更は、当社のルーツを尊重するためだけではありません。明瞭さ、輝きを意味する Claris という名前は、現在の、そしてこれからの当社のテクノロジーを最もよく表現するものでもあります。単一の製品を提供するのではなく、当社は問題解決者が能力を十分に発揮できるようにすることを目的とした一連のサービスを構築しています。このマルチサービスプラットフォームは、FileMaker 以前の Claris のビジョンに非常に近く、当社のプラットフォームの拡大と多様化に伴い Claris という名前が適していると考えました。 

今後も FileMaker は当社が提供する製品の 1 つとして存続します。 

 

Claris Connect

Claris への社名変更に加えて、Stamplay 社の買収により優れたテクノロジーを獲得しました。Stamplay 社は 150 のクラウドサービスのコネクタを提供する非常に洗練されたエンタープライズ向けプラットフォームを作成した素晴らしい会社です。この買収により、Stamplay は製品名を Claris Connect に変更しますが、お客様は Dropbox、Slack、Salesforce など毎日使用するクラウドサービスを接続するワークフローを容易に構築できるようになります。このような接続により、これまでより大幅に少ない時間と資源で新しい可能性を解き放ち、問題解決者の想像力を膨らませることができます。 

 

当社の目標

Claris コミュニティを 50,000 人から 150,000 人の開発者に今後数年で拡大したいと考えています。

この目標には、当社のプロフェッショナル開発者コミュニティをもっと推進し、サポートしたいという気持ちが込められています。当社は新しいタイプの開発者のための世界を構築しようとしています。新しいタイプの開発者とは、創造性をもって問題解決者で、医療、建設、地方自治体、初等中等教育等、その他さまざまな業界のどこにでも存在します。 

創造性をもって問題解決者は、問題を発見し、独自の視点で問題を認識し、テクノロジーを使用して解決策を見つけます。彼らは高度な知識を持つ上級開発者や開発パートナーのコミュニティに活気を与えてくれます。 

数十年間にわたって当社が良好な関係を築いてきた開かれたコミュニティに敬意を表するために、当社は今後の展望として述べたことはすべて行動に移さなければなりません。これには、学習の機会の拡大、必要としている人々が当社のテクノロジーを利用できるようにすること、また彼らの革新を起こす能力を守ることが含まれます。  

 

当社のチーム

当社にとって常に最優先となるのは、Claris チームの人材です。当社はスタンフォード大学教授の Jennifer Aaker 氏のコンセプト「従業員は刺激的なミッションを持った勝てるチームの重要なメンバーになりたいのである」を強く信じており、私もこのようなチームの一員であることを光栄に思っています。

当社では、自分の意見をしっかり持ち、会社として何をする必要があるのかを言うことができる有能な人材の採用を進めています。また、従業員の共同作業や分権化をより進めるために社内のコミュニケーションや意思決定の方法を大きく変えていきます。 

これを実現するには、Claris の従業員に技術面および経営面に関するトレーニングを行うことが必要であり、当社の技術者はプロトタイプする機会を増やすことができます。

 

将来に向けて

FileMaker ブランドは当社にとって素晴らしい資産で、このブランドのもとで 20 年間にわたり成功を収めてきました。FileMaker のサービスが素晴らしい製品であることは変わりません。当社は過去の遺産を誇りに思っています。この遺産には、これまで当社がどのような会社であったか、つまり私たちの製品を使って開発を行う人たちのニーズやウォンツに密接に寄り添った先見の明がある会社であったということが含まれます。Claris はこれからも問題解決者の力になり続けますが、さらに、何かを作りたいと考えるあらゆる人により多くのテクノロジーを提供していきます。 

世界の多くの人がワークプレイス・イノベーションに馴染みが薄かった何年も前に、多くのお客様が当社の取り組みに参加してくれました。これからも問題解決に対する創造力と熱意で、この成長を続ける業界をリードできるようご支持いただければと思います。 

引き続き、当社と当社製品をよろしくお願い申し上げます。

CEO ブラッドフライターグ

Twitter:@bradfreitag

Claris International Inc. について

Claris International Inc. は世界トップクラスの Workplace Innovation Platform (ワークプレイス・イノベーション・プラットフォーム) を開発し、規模を問わずあらゆる企業でデジタルトランスフォーメーションを実現できるように、問題解決者を支援する一連のサービスを提供しています。中小企業とフォーチュン 500 企業で 100 万人以上のユーザに利用されています。Claris は Apple の子会社であり、80四半期以上連続して収益を上げるという比類のない記録を持っています。Claris の本社は米国カリフォルニア州にあり、ロンドン、パリ、ミュンヘン、東京、北京、およびシドニーなど世界各地で事業を展開しています。

お問い合わせ先

クラリスカスタマサポート

TEL: 03-4345-3366
受付時間 10:00 - 17:30(祝日を除く月曜日から金曜日)